薄皮で外はカリッと中はトロトロのタコヤキ

タコヤキは

お好み焼きを丸めたものではありません。
出汁の効いたポップドーナツでもありません。

 

薄皮で外はカリッと中はトロトロ

それが大阪の伝統的なタコヤキです。
基本的に、キャベツは入ってませんし、油で揚げてません。
たこ焼ぐーぱんちのタコヤキは本場大阪のタコヤキを提供しています。

 

中がトロトロになるワケ

熱々になったたこ焼き器に生地を入れると周りに薄皮ができます。薄皮によって逃げられなくなった水分と小麦粉のグルテンが混じり合って糊化したものがトロトロの正体です。決して半生ではありません。

 

熱々トロトロを楽しんでください

たこ焼ぐーぱんちは、カリトロのタコヤキを提供していますが、キャベツが入ったタコヤキや、油で揚げたタコヤキがあっても良いと思います。タコヤキも進化していかないと、時代に取り残されますから。

いつの時代も伝統と革新がしのぎを削って進化していきます。……って大層な。ね。笑